妥協点

運転免許は持ってないけど、車を買った。会社を辞めたばかりだけど、ローンを組んだ。頭がおかしくなったのかもしれない。

きっかけは、UTMFの送迎を妻に頼んだことだった。UTMFは富士山の周りを170km走る山岳レースで、スタート地点もゴール地点も、車がないとなかなか行きにくい。ゴールは早朝の予定だったから、尚更だった。

妻はここ数年車の運転をしていないペーパードライバーだったから、講習を受けて運転の練習をして、週末はレンタカーを借りてさらに練習を重ねていた。レンタカーを毎週のように借りるうち、だんだんと車が欲しくなってくる。家からレンタカー屋まで1kmちょっとの道のりを歩いて往復するのが億劫だからだ。レンタカー屋からの帰り道、決まって車が欲しいね、どんな車がいいかな、という話をした。

僕はオープンカーがいいと言った。昔、マツダのロードスターの助手席に乗せてもらって滋賀の朽木まで行ったことがあって、その時最高に気持ちよかった体験が忘れられなかったのだ。なによりデザインがスポーティーでかっこいい。絶対オープンカーがいい。僕はそう言った。

妻はかわいい車がいいと言った。フォルクスワーゲンのビートルとか、ミニのクーパーとか、フィアットのチンクエチェントとか。丸っこくて小さくて、かわいい車がいい。妻はそう言った。

意見は割れた。しかも180度異なる価値観。だけど、ここからがお楽しみだ。

それから2人で、妥協点を探し続けた。トヨタのヤリスみたいに実用に全振りしてみてはどうかとか、いっそスズキのジムニーみたいな全然違う毛色の車はどうかとか、2人の好みからあえて外すことも考えた。YouTubeでいろんな車の動画を見たり、車の雑誌で各社のラインナップを眺めたり、車のことをちゃんと調べたのは初めてだった。

そうして模索する中でミニとフィアットに、オープンカーがあることを知る。ミニのコンバーチブルか、フィアットのカブリオレか。だいぶ絞られてきた。

そしてある日、フィアットにミモザという真っ黄色の限定車があることを知った。妻がターゲティングされたバナー広告で発見してきたのだ。その瞬間、2人の妥協点のスイートスポットが見つかった。次の週末にディーラーへ行き、その次の次の週には契約していた。そして今日、納車された。

f:id:nmy:20210417140329j:plain

かわいくて、屋根が空いて、2人が気に入った色の車。見れば見るほどかわいくて、愛らしくて仕方がない。

妥協点というのは、どこか仕方なしに選んだ、諦めの選択肢のようなニュアンスがある。でもなかなかどうして、妥協点を探るのは楽しい行為だ。2人の中間にある妥協点を通じて、自分の中に無い価値観に触れることができる。

僕には車をかわいいと思う感性は無かった。昭和のナイトライダーブームに幼少期を過ごした男性にとって、車はかっこいいものだからだ。だけど、屋根が開くならいいかと妥協したことによって、車のかわいさを愛でるという新しい境地に出会った。

f:id:nmy:20210417140425j:plain

なるほどこれはかわいい。ピカチュウみたいだ。

だいたい僕たち夫婦は、一事が万事趣味が合わない。僕は山が大好きなアウトドア派で、妻は都会が大好きなインドア派だ。旅行先を選ぶ時、僕はだいたい山がいいと言い、妻はシティホテルがいいと言う。

f:id:nmy:20210404153628j:plain

先日見つけた妥協点は、ウッドデッキにテントがある洗練されたロッジだった。これも良い妥協点だった。妻はテントも悪くないねと笑っていた。

今ではすっかり猫が大好きな妻も、最初は犬派だった。パグやフレンチブルドッグみたいな鼻がぺちゃんこの犬を飼いたいと言って譲らなかったし、僕は絶対に猫がいいと言って譲らなかった。そんな時に出会った、鼻がぺちゃんこの猫、エキゾチックショートヘアは最高の妥協点だった。あれから7年、2人ともすっかりエキゾの虜になっている。

f:id:nmy:20210410140822j:plain

2人でとことん妥協点を探すのも好きだし、見つけた妥協点を通じて、新しい価値観に出会うのも好きだ。

しかしQのこの顔よ。よく見るとエキゾチックショートヘアとチンクエチェント、結構似てるな。

はてなを退職します

今日が最終出社日でした。溜まった有給休暇を消化して、正式には5月14日をもって退職です。入社したのが2007年5月1日なので、ちょうど14年間働きました。入社当時29歳だったのが今や43歳です。そう考えると長いですね。

僕がはてなに入社した時は、鉢山のインキュベーション施設の一室にオフィスを構える20人くらいの小さな会社でした。Web2.0ブームや梅田さんのウェブ進化論が話題になっていた頃で、憧れの会社だったんですよね。当時ヤフーで働いていて、業界では一番大きな会社だったからベンチャーのスピード感や情報をオープンにしていく姿勢が眩しくて、自分もこんな会社で働きたいと思って飛び込みました。

f:id:nmy:20071114085517j:plain

社内で最初のディレクターだったのではじめは開発チームにはエンジニアとデザイナーしかいなくて、大変だったけど重宝されていろんな仕事をさせてもらえました。14年間の主な仕事をリストアップするとこんな感じです。

  • 2007年
    • ポケットはてな(ドコモ公式サイト)、はてなスター、はてなハイク、はてなワールドリリース
    • はてな既存サービス運用
  • 2008年
    • はてなフォトライフ、はてなキーワードリニューアル
    • うごメモはてなリリース
  • 2009年
    • Flipnote Hatena(海外版うごメモはてな)リリース
  • 2010年
    • はてなランドリリース
  • 2011年
    • 新サービスの模索と開発
  • 2012年
    • はてなOne、はてなアルバムリリース
  • 2013年
    • はてなスペースリリース
  • 2014年
    • ジャンプルーキーリリース
  • 2015年
    • あしたのヤングジャンプリリース
    • Miiverse運用
    • カクヨムベータ版リリース
  • 2016年
    • カクヨム正式版リリース
  • 2017年
    • GigaViewer(はてな製マンガビューワ)リリース
    • はてなブログ運用
    • イカリング2の企画
  • 2018年
    • カクヨム運用
  • 2019年
    • カクヨムロイヤルティプログラム開始
  • 2020年
    • 魔法のiらんどリニューアル

新サービスの立ち上げを担当することが多く、本当にたくさんのサービスを作りました。うまく行かずに終了してしまったサービスも多くて、毎回身を削り出すような辛さがあって大変だったけど、しばらくするとまた新サービスがやりたくて仕方なくなるんですよね。何度失敗してもその度にチャンスをくれた会社には、本当に感謝しています。

その中でも、任天堂さんと一緒に作ったうごメモはてな、集英社さんと一緒に作ったジャンプルーキー、KADOKAWAさんと一緒に作ったカクヨムなど、他の会社さんと一緒に作ったサービスには特別な思い入れがあります。パラパラ漫画の投稿サービス、漫画の投稿サービス、小説の投稿サービス。そのどれもが、表現する人のためのサービスです。

いろいろなサービスを作っていく中で、自分がだんだんと1つのテーマを追い求め、いつもそこに集約していくことに気が付きました。それは「表現する」人を応援したいということです。

僕は中学高校とずっといじめられっ子で、運動ができずかけっこはいつもビリ、勉強もできなくてFランクの大学にギリギリ入れるくらい。何の取り柄もなかったけど音楽と映画とゲームと漫画と小説が好きで、表現する人への憧れがずっとあったんです。それで、勝手に会社のミッションの画像を借用して、勝手に自分のチームのミッションとしていつも掲げていました。利益を独占してクリエイターに還元しないサービスに危機感があって、特にここ数年は表現する人に収益を還元する仕組みづくりを自分の使命だと思ってやってきました。

f:id:nmy:20210329223756p:plain

じゃあなんで辞めるのかっていう話ですけど、一昨年家庭の事情で福岡に引っ越してリモートワーク始めて、去年コロナが流行してリモートワークが当たり前の世界になりました。

最初は一過性のものかなとも思ったんですが、どうやらそうじゃない。それに自宅かオフィスかっていう地理的制約だけの話じゃなくて、もう少し根源的に働き方や考え方が、世界同時多発的に大きく転換し始めてるんじゃないかって思ったんです。

そんな世界が変わる時に、その変化に自ら主体的に挑みたくなりました。もっと自由に、新しい働き方を追求したい。ただリモートワークっていうオフィス環境だけの問題じゃなくて、もっと根本的な何かが変わってる気がするんです。今までの組織のあり方が見直されて、新しい形が生まれそうな感じが。

強固な壁として存在した社内と社外を隔てる境目が、その地理的要因の緩和によってゆるやかに崩壊していくんじゃないか。そして、オフィスや組織で人を括るのではなくて、もっとソフトなもの、プロジェクトやゴールや志や思想のような、そういう形のないものを中心にもう少し緩いつながりが人々を結びつけて、ものづくりが進んでいくようになるんじゃないかと。

まあ、40過ぎて厨二病患者の見る夢みたいなこと言ってる自覚はあるんですけど、実際ここ福岡から京都のはてなに所属して、東京の出版社さんと一緒に組織の壁を超えた仕事を続ける中で、益々そんな思いは強くなりました。

それで、会社を辞めて独立することにしました。一応会社を作ろうと思っていますが、これまでの人を雇用して社員を抱え込むような会社じゃなくて、もっとゆるやかな、新しい働き方に適応したような形を模索したいです。組織の壁を超えて、いろんな人と一緒にサービス開発をやっていく会社にしたいと思っています。そして、表現する人や創造する人を応援する仕事ができたら最高です。

とは言え、先立つものも資本金もほとんどありません。だからまず今の仕事の延長で、いろんな会社さんのWebサービス開発を支援する個人事業主のような形から始めようと思っています。Webサービスの企画、コンサルティング、ディレクション、プロダクトマネジメント、ユーザー調査、Webディレクターの教育など、自分の得意としてきたことで組織の壁を超えた貢献ができたらと思っています。もしかしたら数ヶ月後に何の仕事も取れなくてしれっとどこかの会社に就職しているかもしれませんが、この机の上からぎりぎりまで挑戦してみたいです。

f:id:nmy:20210330175051j:plain

はてなの皆様、14年間本当にお世話になりました。最後にタッキーやtくん達が飲みに誘ってくれて、めちゃくちゃ嬉しかったです。また飲みましょう。

新しいMacbookが届いた

f:id:nmy:20210322092823j:plain

今朝、Macbookが届いた。M1の新しいやつ。外側の段ボールを開封した瞬間にQが乗った。こいつはとにかく新しい箱が好きで、上に乗ったり、箱の中に入ったりする。

f:id:nmy:20210214153500j:plain

これはローンピーク5を買ったとき。

f:id:nmy:20201105130524j:plain

これは会津のみしらず柿が届いたとき。

f:id:nmy:20210310142815j:plain

これはWebカメラが届いたとき。

f:id:nmy:20201016135013j:plain

これは4リットルのウィスキーが届いたとき。

f:id:nmy:20210303194058j:plain

これも4リットルのウィスキーが届いたとき。頭隠してSiri隠さず。

君の好きな三月の花

f:id:nmy:20210321171904j:plain

最近、妹の仕事を手伝っているので仕方なく行ってきた。薬院大通で降りるはずが、ウマ娘やってたら地下鉄を乗り過ごしてしまって薬院から歩いた。会場に向かう途中にベンツのディーラーがあって、黄色い中古車がかっこよかった。川沿いの桜は満開で、空気が読めないやつみたいな感じがした。

f:id:nmy:20210321172524j:plain

f:id:nmy:20210321180613j:plain

f:id:nmy:20210321180753j:plain

f:id:nmy:20210321173945j:plain

f:id:nmy:20210321174016j:plain

f:id:nmy:20210321180539j:plain

帰りにダメ元で八兵衛に寄ってみたら端っこのケツが半分しか座れない狭い席だけ空いていた。ラッキーだった。時短営業も今日で終わる。ゆっくり酒が飲める日が早く来るといい。

f:id:nmy:20210321184511j:plain

大明担担麺の牛肉麺

福岡の麺と言えばラーメンやうどんが有名で、家の周りにもたくさんおいしい店がある。日本で、いや世界で最も麺のうまい都市と言って差し支えないだろう。

そんな世界的な麺料理の激戦区にあって、最もうまいのは大明担担麺の牛肉麺だ。大明担担麺はその名の通り坦々麺が有名な店だし、周りの客はだいたい坦々麺を頼んでいる。もちろん坦々麺も悪くない。でも牛肉麺こそがワンアンドオンリー。至高の1杯だ。

f:id:nmy:20210320135055j:plain

麻も辣もどちらもパンチが効いていて、めちゃくちゃ辛いし食べ始めると数分で全身の汗腺から汗が吹き出してくる。もう何のスパイスが入ってるのかさっぱりわからないし、適法かどうかも怪しい。そんな名状し難い刺激の奥には牛肉と椎茸の出汁が染み出したコクのある液体が潜んでいて、平打ちのツルツル麺によく絡むのだ。またこの平たい麺が最高でついついガンガン啜っちゃうんだけど、汁が気管に入ったらもう最後。気をつけよう。汗は止まらないし粘膜もやられるし湯気を吸い込むだけでむせるけど、全ての汁を飲み干したくなるほどくせになる。店を出た瞬間に、もう一度行きたくなる。やっぱり何かやばいもの入ってる気がする。

田村店は家から2kmくらい歩くけど、福岡に来てから最もよく行く店だ。今日は久しぶりに山へ行かない土曜日。足は自然と田村店を目指していた。ごちそうさまでした。