NMY

雪の油山から脊振へ

福岡ではここ数日雪が降り続け、山が真っ白になっていた。こんなチャンスはなかなか無いので、雪を堪能するため山へ行った。

f:id:nmy:20210109094438j:plain

最初は家からいつもの油山を登るルートへ。普段登り慣れた道が、いつもと全然違う表情を見せてくれる。

f:id:nmy:20210109100923j:plain

油山からは荒平山へ。油山の山頂までは踏み跡があったけど、そこから先は動物の足跡しかなかった。細長い足跡は多分鹿で、丸いやつが猪だと思う。

f:id:nmy:20210109110211j:plain

脇山へ降りて、椎原へ向かう。油山が可愛らしく思える山容。ここからが本番だ。

f:id:nmy:20210109112612j:plain

椎原へ向かう途中に牛がいた。カメラを向けたらうんこし始めた。チャーミングなやつだ。

f:id:nmy:20210109120835j:plain

椎原登山口から椎原峠を目指す。メタセコイアの森だ。

f:id:nmy:20210109115915j:plain

止まると寒いから歩きながらおにぎり食べる。

f:id:nmy:20210109121851j:plain

だんだん雪が深くなってきた。最初は踏み跡をなぞっていたけど途中で先行していた人を追い抜いてしまい、自分でラッセルしながら進んだ。

f:id:nmy:20210109123915j:plain

もうすぐ椎原峠というところで、降っていた雪が激しくなってきた。このまま1人で進むのも危ないなと思って、今日はここで引き返すことにした。

f:id:nmy:20210109124822j:plain

もときた道を引き返す。下りは自分の足跡があるから楽だ。うひょーとか言いながらふかふかの雪を蹴散らして楽しく駆け降りた。

f:id:nmy:20210109130423j:plain

どんどん降雪が激しくなってきた。あそこで引き返して正解だったと思う。

f:id:nmy:20210109133051j:plain

下山して集落に降り、ロードを走って帰った。山の上よりも風が強くて寒いくらい。家に帰ったらIBUKIを見ていた妻がちょうど帰宅時間ぴったりに風呂を沸かして待っていてくれた。足先が冷え切っていたので、風呂が天国だった。

僕は九州出身だから、雪を見るとつい楽しくなって雪の中に突っ込んでいきたくなる。東北出身の妻は雪を見てもただ面倒だと感じるようで、外に出たがらないけど。福岡でこんなに雪が積もる機会はめったいないんだからもったいないと思う。次はもう少し装備を充実させて脊振や金山の山頂まで行きたいな。