NMY

歯医者

歯医者に行きたくない。40歳を過ぎてもまだ、そんな小学生みたいなことを言っている。あれやこれやと理由をつけて、ここ5年以上歯医者に近寄らなかった。

妻が歯医者に行った方がいいよと助言してくれても「リリースまでは忙しいから時間が取れない」と言い訳をして先延ばしにした。リリース後は「リリース直後で忙しいから」と言い、次の月は「新しい企画始まったから」と言い、その次は「評価シーズンだから」と、新しい言い訳を探しては次々に渡り歩いた。

しかしちょうど評価が終わった頃、言い訳が全く見つからないスイートスポットが出現した。本当にその時だけで、次の日には新しい仕事が始まっていたと思う。勿論、妻は見逃さなかった。

「今、予約の電話をかけて」

仕事が始まる直前の数分の空き時間、狙いすましたようにピンポイントで突いてきた。必死に思いを巡らし、言い訳を探してみるが見つからない。口調は優しいものの、有無を言わせない凄みを感じる。ここは袋小路の突き当たりだ。完全に追い詰められている。そう悟った瞬間、観念して歯医者に予約の電話をかけた。

あれから1ヶ月。週に1度のペースで通い、今日が4度目の歯医者だった。虫歯の治療と並行して、歯周病の治療を進めている。今日は虫歯を削って詰め物をして、歯茎の中の歯石を取った。

最初に歯茎の中の歯石を取ると聞いた時は戦慄した。歯茎の中ってどういうことだと。歯茎を一回剥がさないと取れないんじゃないか。そんなのめちゃくちゃに痛そうだ。軽く麻酔をかけてやると言われて尚更怖くなった。歯茎をメリメリと剥がされるイメージが頭から離れず、歯医者に向かう足取りは重く憂鬱だった。

実際は、歯茎のキワの部分をガリガリと削るくらいで全く痛くなかった。舌で触れてみると歯石が取れて歯がツルツルになっている。行ってみれば、そんなに悪くない。それはわかってるのだ。自分が勝手に抱いた歯医者のイメージをどう乗り越えるのか。

歯医者に通うということは、自分との戦いそのものである。

夏休み

8月最後の土日にくっつけて、金曜と月曜に休みをとった。4日間の夏休み。夏休みをどう過ごすか、妻と自分がそれぞれ行きたいところを主張し合った。妻のターンはホテル。最近はGoToとか言うキャンペーンをやっていて割引がきくそうで、良いホテルでも手頃な値段で泊まれるのだ。

f:id:nmy:20200828170952j:plain

チェックインしてから、貸切のジャグジーに浸かりながら酒を飲む。夕食は中庭のようなテラスで酒を飲み、部屋に戻ってからはルームサービスを頼んで酒を飲んだ。そして、気がついたら朝だった。

f:id:nmy:20200829115224j:plain

最近はもう、どこかへ泊まりに行ってもいつもそう。観光したりとか、どこかに出かけたりとか、特にしたくもない。いいところに泊まったら、もうずっとホテルにいて、酒を飲んだり、本を読んだり、スマホをいじったりしてだらだらするだけ。そんなスタイルがすっかり定着している。2日目もチェックアウトが12時と遅かったから、朝ごはんを部屋で食べてそのままずっとだらだらしていて、昼飯まで食って帰った。

f:id:nmy:20200830152812j:plain

3日目は、橋下のショッピングモールまで歩いて行った。炎天下の中、室見川の河川敷を歩く。もちろん暑いけど、速乾のTシャツを来て、水分を摂りながら万全の構えで直射日光の暑さを楽しんだ。汗だくになったから、ショッピングはしないでサーティーワンのアイスだけ食べて帰った。

f:id:nmy:20200830162039j:plain

最終日の4日目は僕のターン。家と同じ早良区にある、野河内渓谷に行った。とにかく川が好きだ。夏といえば川。川を眺め、川の水に浸かりながら酒を飲んだ。都会のホテルを好む妻は、あんまり山とか川が好きじゃない。トレイルを歩くのは疲れるし、足元は不安定で滑りやすく、苦手な蜂や虻が羽音を立てながら飛び回っている。

f:id:nmy:20200831144720j:plain

僕は気を遣って、なるべくトレイルを進まなくても舗装路からすぐ川に行ける野河内渓谷にした。妻も気を遣って、文句を言わずに付き合ってくれた。お互いの希望を出し合いながら、それぞれの行きたいところにそれぞれが楽しめる形で行く、僕たちらしい夏休み。ジャグジーで始まり川で終わる、いい夏休みだった。

f:id:nmy:20200831152046j:plain

荒江オフィス

普段は自宅で仕事をしているけど、たまにはちょっと環境を変えて気分を変えたくなる。コロナが流行る前は月に一度、東京と京都にそれぞれ出張していていい気分転換になっていた。いろんな人に会って、直接会話していいインプットの機会になっていた。そいつを福岡に持って帰って、自宅で集中してアウトプットを生み出していくというサイクルを回していた。

出張がなくなって、もうすぐ半年くらいになる。ずっと家にいて煮詰まってきて、悶々としていたところ妻が家の近所に気軽に借りれるオフィスを見つけてきた。

TiNK Deskというサービスだ。家からは歩くとちょっと遠いけど、電車に乗ったらすぐ着く距離に1つ拠点がある。スマートロックの会社が提供しているサービスで、LINE上で予約から鍵の開錠、支払いまで完結するのも面白い。今は福岡市の実証実験でモニタークーポンが発行されているのでとりあえず無料で試すこともできる。これは良さそうということで、先週から使ってみている。

f:id:nmy:20200821173415j:plain

先週は、夕方にとりあえず1時間ちょっとオフィスとして使ってみた。昇降式の机にオフィス用の椅子、モニタがあって、USB-Cからライトニングケーブルから様々な形状のケーブルが生えてるからパソコン1つ持っていけば使える。これはいいやと思って今日は会議室を借りて社内のミーティングや面談にがっつり4時間使ってみた。

f:id:nmy:20200827133938j:plain

荒江の拠点は2階にワークスペース、3階にミーティングルームがあるんだけど、おそらく2階にWifiルータがあるんだと思う。3階の会議室にいるとWifiが弱くて5G回線につながらない。仕方なく2Gの方につなぐと今度は速度が遅くてテレビ会議をしていると頻繁に映像や音声が止まってしまう。現場はコロナ対策で会議室は1人でしか使えない。つまりテレビ会議での利用前提なのにテレビ会議ができないという無念。会議がない日に来たい。

夏は水

夏は一番好きな季節だけど、それでもこの季節のロード走はきつい。特にソーシャルディスタンスが求められる昨今、なるべく人のいない場所を選んで走るから河原とか田んぼとか周囲に建物の少ない場所を走ることになる。いくら朝でも、直射日光はきびしい。

今日は木陰と沢の水を求めて山へと向かった。あまり時間がないから山頂まで行かず、片江の展望台で折り返し。水場を巡って腹がはちきれるくらい飲み、頭から何度もかぶり水。山から降りるとシメの滝行。やっぱり夏は水のあるところがいい。

f:id:nmy:20200826081032j:plain

f:id:nmy:20200826082734j:plain

f:id:nmy:20200826084530j:plain

サウナとランニング

週末にスーパー銭湯へ行った。自宅から4kmほどの距離。薄曇りとは言え8月の昼間にそれだけの距離を歩けば汗だくになる。お風呂で汗を流して、サウナに入ってまた汗をかき、水風呂で整え、外気浴で休憩してからまたサウナ。2回繰り返してからあがって、併設の食事処で鶏の唐揚げをつまみにハイボールを飲んだ。数ある休日昼間の過ごし方の中で、最高のやつだった。

あれから数日、ふと気がつくとあのサウナのことを思い出している。最高だったな、また行きたいな、次はいつ行こうかなと考え始めてしまう。

f:id:nmy:20200825084344j:plain

今朝は雲一つない晴天。30度を超える暑さの中、日陰のまったくない田んぼの道を中心に10km程走った。あまりの暑さで持って行った水は全部飲み干してしまい、途中に寄った公園の水道で全身に水を浴びてボトルに給水してまた走り出す。家に帰り着く頃には補給した水も空っぽだった。

家に着くとまず最初に冷蔵庫からキンキンに冷えた麦茶を取り出して一気に飲む。ただの水出し麦茶なのが信じられない程うまい。何杯か飲んで満足したら、そのまま風呂場へ直行して、温度調整のノブをコールドに全振りしたシャワーを浴びる。汗だくで熱を放ち続ける体が一気にきゅっと引き締まる感じがして気持ちがいい。まるでサウナの後の水風呂のようだ。

今朝はじめて気がついた。サウナと夏のランニングは同じなのだ。これは世紀の大発見ではないだろうか。

炭酸水メーカーをアップデート

我が家にはハイボール無限生成システムがある。もちろん有限ではあるのだが、ほぼ無限に飲み続けられることからそう呼んでいる。炭酸水メーカーと、4リットルの角ペットボトルにワンプッシュで一杯分のウィスキーを射出する一押くんの組み合わせだ。

炭酸水メーカーはこれまでSodastreamのGenesisというモデルを使っていた。もう5年以上前、京都のActusで売っているのを見つけて買ったのだ。予備のシリンダーも2本追加購入して、シリンダーの交換タイミングでも途絶えることなく炭酸水を生成できるように万全の体制を敷いていた。

いつでもどんなときでも飲みたいだけハイボールが飲めるこのシステムは、私にとっては生命線であり命の源そのものだ。これまで何の不自由も感じていなかったが、より高く、より遠く、より強い炭酸を求めて一歩踏み出すことにした。ガスを注入したその時だけでなく、永遠に激しい泡を放ち続ける炭酸ガスの溶解量を求めて。

f:id:nmy:20200830184608j:plain

そして購入した新型機が今日届いた。左の黒いやつ。Drinkmateのマグナムグランド。水以外にも様々な液体に炭酸を注入できるという代物。もちろん、注入する対象はいつも水。他の液体に注入する必要などない。しかし粘度のある液体に炭酸ガスを注入できるほどのそのパワーは、もちろん水に対しても有効だ。これまで使っていたSodastreamのやつ(写真中央)と比べても、明らかに炭酸の持ちがいい。最初のパンチ力にそこまでの違いはない。それでも、ハイボールを作って飲み続けた時の持続力が全然違うのだ。

しかもこのマグナムグランド、使用できるシリンダーがまたすごい。その名もマグナムシリンダー。通常のシリンダーが60リットルなのに対して、こいつは1本で142リットル。1リットルあたりのランニングコストが安く、何よりシリンダー交換や注文の手間が半分以下になるのが最高だ。

我が家の無限ハイボールシステムがまた一歩無限の領域に近づいた。負けないよう日々消費していきたい。